2015年08月13日

【血液検査の数値が悪化。でもあきらめない。】


前回6/14の検査からほぼ2ヶ月あいてしまいましたが、クロの血液検査にいってきました。
検査は今回でおそらく9回目です。

先週くらいからクロの口元にハゲができてしまい、検査のついでに先生に相談しておこうと思っていたのですが。


クロの口元ハゲ
特に痛くもかゆくもなさそう



……いざとなると検査でいろいろテンパってしまい、聞き忘れました。

やっぱり聞きたいことは紙にメモして持参&先生の話も紙にメモ!
一番確実なのはこれですね。

いまのところハゲについては悪化したり痛がったりということもないので、こちらはしばらく様子を見ようと思います。



そして今回の検査結果ですが。


2015/8/9クロの血液検査結果


2015年8月9日(日) (診断から1年と1ヶ月目)
体重4.6kg (300g増)  
総タンパク(TP) -
尿素窒素(BUN) 47.3  (基準値:17.6〜32.8) ※尿素窒素上昇
クレアチニン(Cre) 2.9  (基準値:0.8〜1.8) ※クレアチニン変わらず
ナトリウム(Na) 154 (基準値:147〜156)
クロール(Cl) 115 (基準値:107〜120)
カリウム(K) 4.2 (基準値:3.4〜4.6)
リン(Pi) 2.9 (基準値:2.6〜6.0) 


(参考:2014/7/187/208/2410/2112/14、2015/1/254/56/14


尿素窒素(BUN) は前回37.7 から今回47.3 へ大幅に上昇
クレアチニン(Cre) は前回2.9 から変わらず。


体重は前回6/14からの2ヶ月で 300g(!)も増えてしまいました。
前回少し体重が減っていたからやせないように気をつけていただけなのに (;д;)
食欲があるのはよいことだとは思いますが、これ以上増えないようにしたほうが良さそうです。

それにしても……体重のコントロールってこんなに難しいものなのでしょうか。動物用の体重計、買おうかな。



悪化したBUNとCreの数値に関しては、病院の先生に

「次回にこれ以上数値が悪化するようであれば、次の治療段階の説明をします。」

と宣言されてしまいました。


さすがにそのときは落ち込みましたが、まだ大丈夫、あきらめない!と自分に言い聞かせて気持ちを切り替えました。

またいろいろ情報収集して、少しでもよい方向へ向かえるよう手を尽くしたいと思っています。



◇ ◇ ◇



数値悪化に対する今後の対策については、書いているうちに長くなってしまったのでまた次回に。

今回の対策の中のひとつなのですが、前回も少し触れたように水素水への再挑戦を考え中です。


水素水は以前一度試したものの、クロの不評により使用をあきらめた経緯があります。

その後いろいろ調べた結果、濃度の高いものを少量ずつ、こまめに使えば意外といけるかも?という結論に達したため、もう一度試してみることにしました。

それには飲ませる水素水の濃度がわからないといまいち不安です。
そのため、濃度が高そうなものから試しつつ、検査試薬も別途購入してみます。


今回頼んでみるのはこちらの「トラストウォーター」。

トラストウォーター


今回の決め手は水素濃度の高さ(充填時濃度3.0ppm)と、特殊パッケージ(4層アルミパウチ)による保存性のよさ。
そして何より、そのまま飲める手軽さです。

難点は、一度開封してしまうと水素が急速に抜けてしまう心配があること。

そのへんは試薬で水素濃度をみながら、開封後どれくらいまで効果が持続するのか確認していきます。


まあ予想通りそんなに安くはなく、420ml×15パックが初回お試しで4,980円なのですが、以前試したペット用水素水 100ml×5パックが1,500円くらいしたので、相対的になんだかお得?とすら思ってしまいました(笑)

こちらは本来人間用なので、余ったらもちろん人間も飲めます。
私もおこぼれをいただきつつ、自分の体調にも変化があるかどうかを体感してみたいと思います。



しかし……いよいよ水素水にまで手を出してしまうのか〜というションボリ感はありますが(クロの体調悪化までは使わないと決めていたので)、これで数値が改善してくれればいいなぁと、祈るような思いです。

効果が少しでもあらわれてくれますように。




スポンサードリンク







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。