2015年08月19日

【今後のbun・cre対策】


週末から週明けにかけ、幼い姪っ子二人がうちに遊びにきて、そのまま二泊していきました………

クロ・チョビはさほどダメージなしでしたが、その反面、怖がりなシロが心身ともに大打撃 (;´д`) 

シロについては近日中に、血液検査もかねて病院でチェックしてもらおうと思います。
あんなに怯えると思わなかったので本当に申しわけない。
恐るべし子どもパワー。



夏の午後のクロ
姪っ子台風通過後はリラックス



さて、先日の検査結果を受け、今後の対策を改めて考えてみました。


【おねがい】
下記のフード・サプリメントに対する印象や使用法は、あくまでも私の個人的な感じ方・考え方に基づいております。
トラブルがあった場合などの責任までは負いかねますため、ご使用に関してはご自身の判断でお願いいたします。
(サプリメント類の商品画像は販売サイト様からお借りしています)



食事管理の徹底

今回の先生からのアドバイスで、最近若干ゆるめになっていた食事の管理をもう少し厳格にします。

朝晩少量(7~10g)食べさせていたウェットフード。


アルモムースタラツナ中身



これまでは好物探しの側面もあったため、タンパク質がやや多めのものでも時折ローテーションに入れてしまっていました。

今後は基本的に療法ウェット中心にし、それ以外のものもタンパク質量が一定以上であれば出すのをやめます。
(具体的には、非療法ウェットでタンパク質量10%以下の表示のもののみOKにします)

クロを始め3匹全員の大好物だった「SGJプロダクツ ツナ タピオカ &カノラオイル」は、粗タンパク質13.84%とやや高めなため今後はお預けです。


あとはクロの以前からの定番&お気に入りドライフードだった「メディファス」。

通常食にしては比較的安心な部類ですが、やはり療法食に比べるとタンパク質が若干多めです。
(メディファス 7歳から 高齢猫用 フィッシュ味チキン味 : タンパク質28.0%以上)

こちらは徐々に出す頻度を下げていき、最終的には療法ドライだけの状態に慣れてもらおうと思います。

※タンパク質量の基準は「腎不全と闘う猫まとめ」さんを参考にしています (普通ドライ普通ウェット




カリナール1 (リン吸着剤)

カリナール1

現在のところ検査でリンが高く出たことはないので、これはもしかしたら、ずっとあげている カリナール1 のリン吸着効果が出ているのかもしれません。

レンジアレンよりは湿気にくく扱いやすい気がするのと、分量の微調整がしやすいので、リン吸着剤は当面こちらでいきます。
クロ的にはどちらをあげても違いはないようです。





ネフガード (活性炭製剤)

ネフガード粒


相変わらず、あまり手ごたえがあるようには感じられないネフガードですが (^_^,

その後オイル効果?で便秘が解消したので、このままこちらも継続してみます。
たまにタイミングが合わなくて1日1回しか飲ませられないことがあったのですが、今後はなんとしてでも1日2回、きっちり飲ませていくつもりです。





智通 (乳酸菌生成エキス原液)

智通"

智通も使用継続です。

「これで劇的に体調がよくなった!」というわけではありませんが、機嫌よく過ごせている理由のひとつかもしれません。

数値は悪くなってきても食欲は落ちないでいてくれるし、年齢のわりに毛艶がよくなってきたのも確かです。
(むしろ食べ過ぎで太るとかどうよ?という……)
智通を飲ませる前は食欲も落ち気味でしたので、多少太ったとはいえありがたいことかもしれませんね。
最近は増量して朝晩5滴ずつ使用中。





美ちょう寿 (シャンピニオンエキス製剤)

美ちょう寿


美ちょう寿 は ここ三週間ほど飲ませています が、継続か中止か決めるにはまだ早いかなと思ってます。

効果が出るのに一ヶ月くらいかかるという話もあり、このままもうしばらく続ける予定です。

食事と一緒にとるとより効果的とのことで、
 これまで: 朝晩の食後に半錠ずつ
  ↓
 今後: 粒をさらに半分にカットし、食事の前後に1/4錠ずつ × 朝・晩
で飲ませるようにしてみました。



オメガ3系オイル

サーモンオイル

便秘対策として利用しはじめたオメガ3系の油(オメガ3系脂肪酸、n-3系脂肪酸)は、その後のお通じも順調です。
さらにオメガ3系は 腎臓の血流アップ = 負担軽減 にもよいとのこと。
この機会に本格的に定番化することにしました。
ついでにこれまで試験的に使っていたエゴマ油から、嗜好性がよさそうなフィッシュオイルに切り替えてみます。

今回は、水銀などの有害物質に対する基準が厳しいというヨーロッパ(イギリス)産の 「フィッシュ4ドッグ サーモンオイル」 を注文してみました。
食事とのバランスをみながら、脂肪分過剰にならない範囲で利用しようと思います。



ペット酵素

ペット酵素

これまでなんとなく使っていたペット酵素の使い方を少し見直しました。

そもそも酵素というのは、そのまま口からとっても胃で消化されてしまい、本来の効果を発揮できないのだそうです。
一方、酵素に期待できる主な作用は タンパク質などの分解。
体内の酵素で分解する予定のものを事前に分解できれば、体内で余った酵素を別にまわすことができます。(内臓の負担が減る)

 ……てことは、口に入れる前の段階でちょっと分解しておけばいいんでないの?(゚ペ)?

わりと思いつきですが、事前にフードに混ぜ込んでしばし放置 → その後改めて食べさせる という方法にしてみました。
単なる気休めのような気もしなくはないです。



水素水



以前一度試したものの、クロの不評により使用をあきらめた水素水。
その後いろいろ調べた結果、濃度の高いものをこまめに使えば意外といけるかも?という結論に達し、再挑戦してみることにしました。

効果や信憑性などいろいろ疑問が残ったままではありますが……
少なくとも猫に飲ませても毒ではないということでしたので使用を決断。

前回のブログでも少し触れましたが、今回頼んでみるのは「トラストウォーター」。
水素水入門編として、水素濃度(充填時濃度3.0ppm)、特殊パッケージ(4層アルミパウチ)、手軽さ の3点が決め手になりました。

いろいろな使い方を考えながら、濃度チェックと併せて様子を見ていこうと思います。



ケイ素の恵み

ケイ素の恵み

美ちょう寿とのコンビ使いでより効果があるとされる「ケイ素の恵み」。

すみません。
こちらのケイ素に関しても、いまいち科学的な裏付けがよくわからなかったです (ノ_・。)
あれこれ検索してはみたのですがよい参考文献などがみつけられず。

「ほとんどのケイ素化合物は経口摂取する場合は無害」だそうなので、安全性に関しては大丈夫だと思うのですが……。
 ※参考:珪素 - 「健康食品」の安全性・有効性情報」(国立健康・栄養研究所)
でもこれって人間の場合だしなぁ〜〜(悩む)

(とはいえ、実際猫に使われている方は多いようです。もう少し検討してみます。)


【注意】
ケイ素の恵み (高純度珪素濃縮溶液) 」日本スーパー電子株式会社 と 「ケイ素の恵 (ミネラルウォーター)」株式会社北斗は商品名が似ていますが全くの別物だそうです。後者のミネラルウォーターを猫に飲ませて結石ができたという事例を目にしましたのでお間違えのないようご注意ください。



そのほか、やはり気休めなのかもと思いながらも、人・猫共用で継続しているのはこちら。
  • AHCC (変化はあまりよくわからない)
  • ラクトーン(乳酸菌製剤) ※一時やめていたのを復活。ほぼ気休め。



スポンサードリンク






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。