2014年12月20日

【今後のごはんとサプリメント】

先日通院にマカロンを利用してから、クロが全然マカロンを使ってくれなくなりました。

いいアイディアだと思ったんですけど…… (´^`;)
クロ的にはダメってことなんでしょうね。
猫って思ってる以上にデリケートみたいです。

毛づくろいのクロ
今日はつかの間の日差しを堪能


今回の検査結果を受けて、当面のクロのごはん方針を考えました。


体重増加(しすぎ)と尿素窒素・ナトリウム値 の悪化対策
  • 理想は現体重の維持と考え、これ以上増えない・減らないように摂取カロリーを管理
  • ウェットフードの量と頻度を見直す

これまではウェットフード追加の目的を 「カロリーと水分の補完」 と考えていましたが 「水分の補完」 中心にします。

1日に(療法・プレミアム合わせて)2〜3回、10〜15gずつ与えていたウェットフード。
療法ウェットは 10g+お湯少々/1食 で1日1〜2回に。
プレミアムウェットフードは 5g+お湯少々/1食 で1〜2日に1回程度。

進んで食べないウェットは強制給餌で完食させていましたが、なるべく自主性にまかせるようにしました。
ただし療法ウェットだけはなるべく完食してほしいので、多少の強制給餌はがまんしてもらってます。(威嚇しだしたら必ずそこでやめ。)


クレアチニン値の改善
  • 現在のサプリメント類のなにかが効いたかもしれないので、今とっているものはしばらく継続しつつ体調を観察していく

現在飲ませているのは、カリナール1、カリナール2、ビヒラクチン、智通(ラクティス原液)、HP-MAX、ペット酵素(旧きゃどっく)、AHCC、たまにシャンペットプロ、の7〜8種類。

当初はウェットフードに全部混ぜて出してましたが、そうすると好きなフードも嫌いになってしまうのでやめました。
その後はしばらく少量の「ちゅーる」シリーズ(クロのお気に入りおやつ)に混ぜ込んでましたが、体重増加と数値悪化の原因のひとつかもしれないのでこちらも中止。

現在はサプリメント類を少量のウェットフードに混ぜてペースト状にし、フードとはわけて朝晩食べさせています。

結構まだ種類が多くて、クロにもお財布にも負担になってます。
今後は効果の出ていそうなものを絞り込んでいきたいです。



クロのとっているサプリメントについて。

リン低減効果があるというカリナール1は診断直後からずっと飲んでいます。
リン値がほとんど悪化していないのは、もしかしたらそのおかげかもしれません。

レンジアレンとカリナール1は、両方リン低減のためのものですが、成分がけっこう違うように見えます。
猫さんによっては、一方が体質に合わないケースもあるようです。
クロにはどちらが合うのかわからなかったので、両方入手して両方試しました。
でも特に大きな違いはなさそうだったので、とりあえず個別包装のレンジアレンは後回しに。
開封してしまったカリナール1を先に使い切るため、現在はカリナール1のみ使用中です。


乳酸菌は腸内で毒素を消費してくれ、体内に有害物質が回るのを防いでくれるといわれています。
診断当初から飲んでいた乳酸菌のビオフェルミンは、クロにはあまり効果がみられなかったので11月頭で終了しました。
(残りは私が飲んでます。私にはそこそこ効果あります。)
その後新たに飲み始めたのが、JIN、ビヒラクチン、ラクティス、カリナール2。


JINは初回注文分を全て飲み切りましたが、飲み切り前・後で特に体調の変化が見られなかったため、いったんこのまま終了としました。


ラクティスはクロの便秘とうんち改善に多少効果がありそうな雰囲気だったので、よりリーズナブルな原液タイプの「智通」に切り替えて継続使用中。
智通は成分が濃縮されているため猫なら朝晩1滴程度でOK。
ついでに母と私も飲んでおり、人間は1日20滴です。
まずは3ヶ月とのことなので3ヶ月間は人と猫で続けてみる予定。


ビヒラクチン カリナール2はまだ継続中なので、効果のほどは不明です。
飲み終えた前後の体調変化を見て、今後の継続と中止を決めたいと思います。


そのほかとしては、シャンピニオンエキスや酵素がブレンドされているペット酵素(旧きゃどっく)。
以前から評判がよいこと、実際飲ませてみて悪くなさそうだったことから継続使用中で、現在2袋目です。
個人的には経口摂取する酵素の効果をあまり信用していないのですが、もしかしたら……という淡い期待はあり。


HP-MAXも効果はいまいち不明なのですが、乳酸菌系の栄養になるオリゴ糖などが入っていることから現在のボトルがある間は継続使用します。
なくなった時点で体調の変化をみて、こちらも継続か中止か改めて判断。


シャンペットプロは、以前記事に書いたように大きさと量がちょっと無茶な感じなので、たまーに1/2錠ずつ飲んでもらってる程度です。
サンプルで注文した分が終わったら投与はいったん終了。
シャンピニオン成分はペット酵素にも含まれているので、そちらを飲んでいる間はあえて飲ませなくても良いかな〜と。


クロへの効果が一番不明なAHCC も、実は続けて飲ませています。
正直、ペット用AHCCを飲み終えても特に変化は見られませんでした。
クロに飲ませるのはこのままやめようと思っていましたが、昨年手術した母がAHCCを飲みたいというので、純粋なAHCCの粉末サプリをアマゾンで注文。
私も昨年手術しているので、母と一緒に飲んでみることにしました。
(AHCCには炎症を抑える効果があるそうです。)
だったらついでに、ということで、クロにも毎日ほんのミミカキ1杯程度ですが、継続服用してもらってます。

(11月にサプリメント類を入手したときの記事はこちら。)


※過去記事へのコメントありがとうございます!<(_ _)>
 今日はちょっと力尽きたので、明日以降お返事などしていきたいと思います。


スポンサードリンク





この記事へのコメント
マカロンベットの使用、良い感じだと思ったんですが、やっぱり駄目でしたか。
病院の臭いとか、嫌な思い出がついちゃったからかな。
マカロンベットはもう病院用にするしかないですね(^▽^;)

それにしてもサプリメント沢山使われてますね。
今年前半に通っていた病院ではネフガードを勧められたから摂取していたけど、今の病院では使用をやめるように言われたのでやめました。
で、全く数値は変わりませんので、金銭的な事もあって今は使用していません。
これから数値が上がればレンジアレンは使用するみたいです。

数値も一回上がったぐらいではそんなに気にしなくて良いかも。
もう少し間隔縮めてもう一回検査して、それで毎回上がっていくのなら気にした方が良いけど。
でも気になる気持ちも分かります。
私も気になるから結局かなり短い間隔で検査検査させてるし…ε-(ーдー)ハァ
Posted by ラムネン at 2014年12月21日 17:39

>ラムネンさん

サプリメント、我ながら使いすぎだと思います(T-T)
以前混乱状態であれこれ注文してしまい、どれから使うか決められずに全部使い始めて今に至ります。
はやく減らしたいです。

検査は本当はもっと頻繁にしたかったのですが、多忙な時期に重なってしまうとなかなか難しく。
それでもせめて1ヶ月半に一度はしたいですね〜。
ただクロは病院嫌いなので、あまり頻度をあげるとストレスでかえって体調崩すかも……


Posted by M at 2014年12月22日 22:59
クロちゃんの白いアンヨがかわいいですね^^
因果関係は分かりませんが、ちゅ〜る等を使ってサプリ類をあげていた時、
数値が悪化したので、ちゅ〜る等の成分を見せながら、先生に相談してみました。
私:「おやつ類を使ってサプリをあげるのと、おやつ類もサプリもないのと、どっちがいいでしょう?」
先生:「後者ですね」
それ以来、サプリは泣く泣くあきらめ、最低限必要な投薬と輸液、療法食のみにしています。
腎不全猫さんに優しいおやつ類をメーカーが開発してくれたらいいのに・・・。

Posted by ささみ at 2014年12月24日 01:32
>ささみさん

闘病中のおやつは本当に悩ましいですよね。

ちゅーるに関しては、ほんの少し、小さじ半分程度しか使っていなかったのですが……
やっぱり毎日だと体に負担だったのかもしれません。

現在は、毎日朝晩あげているウェットフードを一部取りわけて、そこにサプリを練りこんで強制給餌であげています。
本人は迷惑そうながらも一応食べてくれるので、しばらくこの方法で様子を見てみようと思います。
Posted by M at 2014年12月31日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。